第100回(2014年)

第100回(2014年)午前 32

問題

Aさん(40 歳、女性)。48 歳の会社員の夫と 2 人暮らし。「夫が 1 か月前から夜眠れない様子で、ここ数日は『役に立たない人間は生きていてもしょうがない』と言っています。どう対応したらよいでしょうか」と市の保健センターに相談のため来所した。

最初に行う助言で最も適切なのはどれか。

1.「産業医に相談して仕事量を減らしてもらいましょう」

2.「市販の睡眠を改善するお薬を飲んでもらいましょう」

3.「できるだけ早く精神科医の診察を受けましょう」

4.「言動に注意しながら様子をみましょう」

5.「 Aさんも体調に気をつけましょう」

解説

正答.

3

 

次の問題だよ~♪

第100回(2014年)午前 33問題 癌と危険因子の組合せで正しいのはどれか。 1.乳 癌 ――――― 多 産 2.胃 癌 ――――― 脂肪摂取 3...

前の問題だよ~♪

第100回(2014年)午前 31問題 セルフヘルプグループはどれか。 1.町内会 2.断酒会 3.母子保健推進委員会 4.公民館で行う太極拳の...

目次に戻るよ~♪

第100回(2014年)午前ここでは「保健師国家試験」第100回(2014年)午前に行われた問題と解答、その解説をしています。 https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母