第100回(2014年)

第100回(2014年)午前 9

問題

保健師は、BMI 28 以上の人を対象に生活習慣病予防のための健康づくり教室を企画した。教室は、 1 回目を講話、 2 回目を運動指導、 3 回目を調理実習で構成した3 日間で行い、教室終了後 6 か月に参加者を集めて評価を行う。

評価を行う際のアウトカム指標で最も適切なのはどれか。

1.血圧の変化

2.腹囲の減少率

3.実施日ごとの参加者数

4.生活習慣病による通院者数

解説

正答.2

次の問題だよ~♪

第100回(2014年)午前 10問題 市ではボランティア組織の活動を活性化させるために、地区の健康づくりリーダーを養成することにした。 対象者を選定する方法で最...

前の問題だよ~♪

第100回(2014年)午前 8問題 地区踏査による情報収集の特長はどれか。 1.地区の環境を把握することができる。 2.地区の医療費を分析することができ...

目次に戻るよ~♪

第100回(2014年)午前ここでは「保健師国家試験」第100回(2014年)午前に行われた問題と解答、その解説をしています。 https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母