第100回(2014年)

第100回(2014年)午後 12

問題

Aさん(75 歳、男性)。72 歳の妻と 2 人暮らし。脳梗塞後遺症による右片麻痺がある。要介護 3 で車椅子の生活であり 2 週前に退院した。自宅から避難所になっている小学校までは、坂道の多い市街地を通り徒歩で 15 分かかる。息子はAさん宅から車で 1 時間の場所に家族と暮らしている。A さんの妻から、災害時に 2 人だけでは心配だと保健師に相談があった。

保健師の対応で最も適切なのはどれか。

1.長男に徒歩圏内に転居することを勧める。

2.避難所になっている小学校の建物の構造を妻と確認する。

3. Aさんと妻に災害の情報はテレビから入手するよう説明する。

4.緊急時に A さんを手助けする近隣のボランティアを育成していくと伝える。

解説

正答.

4

 

次の問題だよ~♪

第100回(2014年)午後 13問題 新人保健師を対象とした現任教育で適切なのはどれか。 1.職場外研修(OFF-JT)を中心に行う。 2.基礎的な知識を...

前の問題だよ~♪

第100回(2014年)午後 11問題 管内のA 病院から、下痢のため 3 日前に入院した 8 歳女児の便から、サルモネラが検出されたと保健所に電話があった。同日、B ...

目次に戻るよ~♪

第100回(2014年)午後ここでは「保健師国家試験」第100回(2014年)午後に行われた問題と解答、その解説をしています。 https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です