第100回(2014年)

第100回(2014年)午後 51-53

次の文を読み 51~53 の問いに答えよ。

A 市では大腸癌による死亡者数が増加する傾向がみられたため、その要因を分析し、対策を検討することにした。

問題51

A 市と基準集団である県全体の 50 歳以上の男性の大腸癌死亡者数と年齢階級別人口を表に示す。

  A 市 県全体(基準集団)
大腸癌

死亡者数

年齢階級別

人口

 

大腸癌

死亡者数

 

年齢階級別

人口

 

50 歳~59 歳 13 32,000 100 400,000
60 歳~69 歳 16 20,000 180 300,000
70 歳以上 31 14,000 500 250,000

A 市のこの年齢層における標準化死亡比〈SMR〉を求めよ。

ただし、基準を 1 とし、小数点以下第 3 位を四捨五入すること。

解答: ① . ② ③

① 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

② 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

③ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

解説

正答.

1.2.5

 

問題52

A市では大腸がん検診の評価のために、B市のデータと比較した。A市とB 市の男性の大腸がん検診の実施状況を表に示す。

 

  対象者

 

検診

受診者

 

検 診 陽 性 者

(精密検査が

必要な者)

精密検査

受診者

 

精密検査で大腸癌が発見された者
A 市 90,000 20,000 1,000 500 16
B 市 100,000 20,000 1,500 1,200 60

B 市と比較して、A 市が高いのはどれか。

1.検診受診率

2.検診陽性者割合

3.検診陽性者が精密検査を受けた割合

4.精密検査での大腸癌発見率

解説

正答.

1

 

問題53

B 市のデータを参考に、大腸癌の発見を増やすために A市の保健師が行う方法で最も有効なのはどれか。

1.検診受診を勧奨する。

2.禁煙指導教室を開催する。

3.検診陽性者に精密検査の受診を勧奨する。

4.検診の敏感度を上げて検診陽性者を増やす。

解説

正答.

3

 

次の問題だよ~♪

第100回(2014年)午後 54-55次の文を読み 54、55 の問いに答えよ。 人口 2 万 5 千人、高齢化率 28 %の A 町。今年度、健康増進計画策定後 5 ...

前の問題だよ~♪

第100回(2014年)午後 48-50次の文を読み 48~50 の問いに答えよ。 保育所長から「昨日午後から今朝にかけて、園児 100 人中 35 人に嘔吐、下痢症状が...

目次に戻るよ~♪

第100回(2014年)午後ここでは「保健師国家試験」第100回(2014年)午後に行われた問題と解答、その解説をしています。 https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です