第100回(2014年)

第100回(2014年)午後 9

問題

A さん(37 歳、男性)。妻と2 人の児との 4 人暮らし。会社員。 3 か月前に脊髄小脳変性症と診断された。最近、歩行障害が進行し、会社への通勤に支障がでてきたとA さんから保健所保健師に相談があった。

A さんへの対応で適切なのはどれか。

1.介護保険の利用を勧める。

2.難病情報センターへ紹介する。

3.身体障害者手帳の申請を勧める。

4.勤務形態の変更について職場に相談するよう勧める。

解説

正答.

4

 

次の問題だよ~♪

第100回(2014年)午後 10問題 人口 40 万人の中核市。定期的に地域・職域連携推進協議会を開催している。その会議で、市内の 3 つの事業所の出席者から、特定健...

前の問題だよ~♪

第100回(2014年)午後 8問題 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく支援について正しいのはどれか。 1.更生医療の給付実績は、...

目次に戻るよ~♪

第100回(2014年)午後ここでは「保健師国家試験」第100回(2014年)午後に行われた問題と解答、その解説をしています。 https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母