第102回(2016年)

第102回(2016年)午後 39-41

次の文を読み 39〜41 の問いに答えよ。

A 地区の高層マンションには若い世代が多く住んでいる。高層マンションに住む Bさん(23 歳、初産婦)は、市の両親学級に参加していたが、マンション内に親しい友人はいない。両親学級に参加した際に B さんは「夫は会社員で帰宅時間が遅く、両親は遠方に住んでいる」と話していた。出産後、母子ともに順調に経過し退院した。市の保健師は生後 25 日目に B さん宅へ新生児訪問することになった。

問題39

新生児訪問時、B さんは「育児に不安がある」、「相談する相手がいない」などと保健師に話した。

このときの B さんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.育児不安の内容を具体的に聞く。

2.近所の児童館を利用するよう勧める。

3.夫の育児への協力の有無を確認する。

4.B さんの実父母の健康状態を確認する。

5.両親学級のときに知り合った者に連絡するよう勧める。

解説

正答 1

問題40

新生児訪問時、B さんは「引っ越してきたばかりで、妊娠中はあまり外に出ることがなかったので、家の近くに友人がいない」と話していた。このことをきっかけに保健師は、A 地区の高層マンションに住む母親の育児に関する課題を検討することにした。

把握する項目として最も優先度が高いのはどれか。

1.両親学級の参加状況

2.A 地区の出生数の推移

3.3か月児健康診査の受診者数

4.新生児訪問記録における主訴

解説

正答 4

問題41

A 地区の健康課題として高層マンションに住む育児中の母親の交流不足が明らかになった。市内には母親が集まって活動をしている育児サークルがあり、保健師は既存の育児サークルを活用して、A 地区内の育児中の母親の交流を深めたいと考えている。

このような課題解決に向けて次年度に育児サークルと協働して行うのはどれか。

1.育児サークルのメンバーが両親学級に参加する。

2.母子保健推進員が育児サークルの運営に関わる。

3.新生児訪問で育児サークルのメンバーを紹介する。

4.育児サークルの活動を高層マンションの集会場で行う。

解説

正答 1

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母