第102回(2016年)

第102回(2016年)午後 45-47

次の文を読み 45〜47 の問いに答えよ。

A ちゃん(6­歳、男児)。A ちゃんは保育所に通っている。3歳児健康診査の心理相談で療育教室への参加を勧められたが、これまで2回しか参加できておらず経過観察の対象となっていた。就学予定の小学校で行われた就学時健康診断で、A ちゃんは常に動き回り目立つ存在であった。母親は A ちゃんについて元気過ぎる子どもと認識している。

問題45

就学時健康診断後、教育委員会が保護者の了解を得て A ちゃんについて情報収集する先として優先度が高いのはどれか。

1.児童福祉司

2.保育所の担任

3.療育教室の指導員

4.3歳児健康診査時の心理相談担当者

解説

正答 2

問題46

その後、教育委員会が主催して関係者と母親とが A ちゃんの就学先について協議を行った結果、A ちゃんは地元の小学校の通常の学級に在籍することと、小児専門医を受診することが決まった。受診の結果、注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断され定期的に受診することになった。A ちゃんは地元の小学校に入学した。授業中、廊下の人の行き来をずっと見ていることや、前の席の児童にいたずらをして、担任から注意を受けては教室を飛び出すことなどが続いたため、養護教諭、担任および学年主任が参加して校内委員会を開き対応が検討された。

A ちゃんの行動上の問題への対応として、養護教諭が校内委員会に提案する内容で最も適切なのはどれか。

1.「席を教室の一番前にしてください」

2.「いたずらに対して放課後に注意してください」

3.「教室のドアに鍵をつけて飛び出しを防止してください」

4.「全地球測位システム(GPS)を衣服に装着してください」

解説

正答 1

問題47

A ちゃんは学校での衝動的な行動が減ったが、下校後の同級生とのトラブルが続いていた。そこで養護教諭を交えて担任が母親と話し合いを行った。

養護教諭と担任とが母親に提案することとして、最も適切なのはどれか。

1.「特別支援学校への転校を検討しましょう」

2.「A ちゃんの特性について学校から同級生に説明しましょう」

3.「主治医から A ちゃんに注意してもらうようお願いしましょう」

4.「A ちゃんの困った点について学校が同級生にアンケート調査を行いましょう」

解説

正答 2

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母