第103回(2017年)

第103回(2017年)午前 54-55

次の文を読み 54、55 の問いに答えよ。

A さん(80 歳、女性)。1人暮らし。高血圧症で 50 歳から近くの医療機関を受診しており、降圧薬を内服し、自己管理をしながら自立して生活していた。長女(55 歳)は他県に住み、月1回Aさんの様子をみに来ている。長女は、地域包括支援センターに来所し「母が物を探すことが多くなったと感じていたが、隣人から母が近所で道に迷っているのを見かけたと聞き、心配になった」と保健師に相談した。

ぱっと読める目次
  1. 問題54
  2. 解説
  3. 問題55
  4. 解説

問題54

このときに保健師が長女に勧める内容で最も適切なのはどれか。

1.保健所への相談

2.かかりつけ医への相談

3.介護療養型医療施設の見学

4.認知症サポーター講座の受講

解説

正答 2

問題55

その後、A さんは要支援1と認定された。長女は電話で「最近母が、病院でお金を支払うことや、ATM でお金をおろすことができなくなった」と地域包括支援センターの保健師に相談した。

保健師が勧める社会資源として優先度が高いのはどれか。

1.成年後見制度

2.消費者生活センター

3.訪問看護ステーション

4.介護予防・日常生活支援総合事業

5.認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

解説

正答 4

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母