第103回(2017年)

第103回(2017年)午後 36-38

次の文を読み 36〜38 の問いに答えよ。

A さん(70 歳、男性)。1人暮らし。近所に住む友人の B さん(60 歳、男性)から Aさんについて地域包括支援センターの保健師に相談があった。A さんは3年間介護していた妻が半年前に亡くなってから痩せ、最近は外であまり見かけなくなったという。翌日、保健師が民生委員に状況確認の連絡をしたところ、A さんの現在の状況を把握していなかった。保健師は A さんの状況を把握するため、来週 B さんと一緒に家庭訪問を行うことにした。

問題36

家庭訪問時に収集すべき情報として最も優先度が高いのはどれか。

1.既往歴

2.毎日の食事内容

3.友人との交流状況

4.直近の健康診査の結果

5.自治会活動への参加状況

解説

正答 2

問題37

保健師が B さんとともに家庭訪問したところ、A さんは訪問に戸惑っていたが、玄関先で話をしてくれた。A さんの服装に乱れはなかった。室内にはごみ袋がいくつか置いてあり、捨てられていないようであった。A さんは、少しずつ自分のことを話し始め「妻が亡くなってから楽しいことはなく、外に出かけたくない」と言い、表情は暗かった。B さんが何か手伝うことがないか尋ねると A さんは「心配してくれてありがとう。でも今は1人でいたいです」と言った。保健師は3日後に1人で訪問することを伝え、この日は訪問を終了した。

保健師の次回の訪問計画で適切なのはどれか。

1.外出の重要性を説明する。

2.ごみを片付けるよう促す。

3.精神科への受診を勧める。

4.妻との別れを一緒に振り返る。

5.ホームヘルプサービスの利用を勧める。

解説

正答 4

問題38

保健師は2週に1回の家庭訪問を続け、A さんとの信頼関係が構築されてきた。A さんは家の中を少しずつ整理し、散歩にも出かけるようになった。保健師の初回訪問から3か月後、A さんから「亡くなった妻のためにも、自分が少しでも長生きしなければと思うようになったが、何をしたらよいのか分からない。少しずつ外に出てみようと思うが、人付き合いにはあまり自信がない」と相談があった。

A さんに勧めることとして最も適切なのはどれか。

1.地域包括支援センター主催の介護予防教室への参加

2.老人福祉センターでのサークル活動への参加

3.高齢者サロンのボランティアへの登録

4.シルバー人材センターへの登録

解説

正答 1

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母