第103回(2017年)

第103回(2017年)午後 39-41

次の文を読み 39〜41 の問いに答えよ。

A さん(40 歳、男性)。妻と2人暮らし。A さんは3年前に転職し、従業員数 30 人のコンピュータ関連の事業所に勤務している。6か月前から軽い咳が続いていたが、メンバー数5人の新規プロジェクトチームの責任者として忙しく、そのままにしていた。妻に痩せてきたことを指摘され、自宅近くの診療所を受診したところ、胸部エックス線写真で異常陰影があり病院を紹介され受診した。喀痰塗抹菌検査陽性、結核菌PCR 陽性となり、肺結核と診断され入院した。診断した医師から保健所に結核発生の届出があった。

問題39

保健所の保健師が A さんに初回面接で確認する内容で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.出勤状況

2.転職前の職場

3.運動習慣の有無

4.結核に対する認識

5.特定健康診査の結果

解説

正答 1、4

問題40

接触者健康診断を実施したところ、妻が感染し、プロジェクトチームのうち1人が発病し、2人が感染していることが分かった。

保健所が次に行う対策として最も適切なのはどれか。

1.事業所の消毒

2.健康相談窓口の設置

3.接触者健康診断の拡大実施

4.地域の医師会への結核発生報告

解説

正答 3

問題41

保健所の保健師は、今回の事例を踏まえ、管内の事業所を対象に結核に関する正しい知識を啓発するためにリーフレットを作成することにした。

リーフレットに掲載する内容で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「従業員の BCG 接種を推奨します」

2.「定期的に作業場の換気をしましょう」

3.「結核は治療をすれば3か月で治ります」

4.「健康診断は6か月ごとに受診しましょう」

5.「咳が2週間以上続くときは医療機関を受診しましょう」

解説

正答 2、5

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母