第104回(2018年)

第104回(2018年)午後 12

問題

A ちゃん(3歳4か月、男児)。両親と祖母との4人暮らし。市の3歳児健康診査に母親と来所した。階段の昇り降りはできるが、泣いていて言語の理解や精神発達の観察ができなかった。母親は「家では簡単な単語は出ている。仕事が忙しいので、平日はほとんど同居する夫の母にみてもらっている。夫の母は外出を好まず、家でテレビを観て過ごすことが多い」と話した。市では、地区乳幼児相談、3歳児健康診査事後教室および4歳児子育て教室を実施している。

このときの保健師の対応として最も適切なのはどれか。

1.地区乳幼児相談への参加を促す。

2.歳児健康診査事後教室への参加を促す。

3.日中の家庭訪問を早期に行うことを伝える。

4.歳児子育て教室で経過を確認することを伝える。

解説

正答 3

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母