第105回(2019年)

第105回(2019年)午後 4

問題

平成 12 年(2000 年)の地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律の改正内容や施行後の行政の変化で正しいのはどれか。

1.地域の特性に合わせた施策の展開を行いやすくなった。

2.生活保護は機関委任事務制度によって行われるようになった。

3.国民健康保険の給付は法定受託事務によって行われるようになった。

4.平成の市町村合併後の平成 22 年(2010 年)には市町村数が 2/3 になった。

解説

正答 1

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母