第105回(2019年)

第105回(2019年)午後 41-42

次の文を読み 41、42 の問いに答えよ。

A さん(50 歳、男性)。父親(75 歳)と2人暮らし。A さんは 22 歳頃から統合失調症を発症し、精神科病院に入院した。30 歳代で退院した後は精神障害者手帳2級を取得し、月1回通院を継続しながら生活できていた。

ある日、父親から保健センターに電話があり「妻が1か月前に急死した。ようやく家は落ち着いてきたが、A がこの頃落ち着かない様子である。今までは妻が A の世話をしていたので、これからどうすればよいか困っている」との相談があった。

ぱっと読める目次
  1. 問題41
  2. 解説
  3. 問題42
  4. 解説

問題41

相談の翌朝、保健センターの地区担当保健師が家庭訪問した。A さんは血色がよく体型は標準的であったが、入浴をしていないような強い臭気がした。また終始イライラした様子で笑顔は少なく、落ち着きなく部屋を歩き回っていた。父親は「A の薬は妻が管理していた。妻が亡くなってから A の状態は悪くなっていると思う」と話した。A さんの薬袋を保健師が確認すると、予定残数以上の内服薬が出てきた。

保健師が A さんの状況を確認する内容で、最も優先度が高いのはどれか。

1.服 薬

2.清 潔

3.睡 眠

4.食 事

解説

正答 1

問題42

3日後、A さんと父親の様子を見るために保健師は再度家庭訪問を行った。家庭訪問時、父親がAさんに対して「なんでできないんだ」と叱責している場面がみられた。父親は「A の病気についてはよく知らない。自分もイライラするし、どうしたらよいのかわからない」と困った様子で保健師に話した。

地区担当保健師がこの時に行う支援で最も適切なのはどれか。

1.父親に息抜きの時間を持つことを勧める。

2.A さんの地域生活支援事業の利用を勧める。

3.父親に精神障害者の家族会への参加を勧める。

4.A さんの受診に父親と保健師が同行することを提案する。

解説

正答 4

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母