第105回(2019年)

第105回(2019年)午後 6

問題

A さん(54 歳、女性)。会社で実施した特定健康診査の結果、特定保健指導の積極的支援の対象者として、保健指導の予約を入れるように会社の健康管理の担当者から連絡を受けた。A さんは「保健指導を受けると、今までの食事の見直しを指導されるかもしれないが、病気を防いで健康に暮らすことができる」と考えた。

A さんの考えはヘルス・ビリーフ・モデルにおける構成要素のどれか。

1.疾病の重大さの自覚

2.予防行動の利益の自覚

3.疾病にかかる可能性の自覚

4.必要な行動をうまく実行できる確信の自覚

解説

正答 2

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母