第106回(2020年)

第106回(2020年)午前 02

問題

親による子への虐待発生の可能性を高める要因はどれか。

1.高齢出産

2.経済的問題

3.共働き世帯

4.祖父母が同居する世帯

解説

子どもの虐待についての問題になります。厚生労働省のHPに虐待に至るリスク要因として以下の4点が挙げられます。

虐待のリスク要因

1.保護者側のリスク要因

・望まぬ妊娠・10代の妊娠などの妊娠そのものを受容することが困難な場合

・妊娠中の早産等の問題が発生したことで胎児の受容に影響

・妊娠中又は出産後に長期入院により子どもへの愛着形成が不十分

・マタニティブルーズや産後うつ病等精神的に不安定な状況

・元来性格が攻撃的・衝動的であったり、医療につながっていない精神障害、知的障害、慢性疾患、アルコール依存、薬物依存等がある

・被虐待経験

2.子ども側のリスク要因

・乳児期の子ども、未熟児、障害児、何らかの育てにくさを持っている子ども等

3.養育環境のリスク要因

・未婚を含む単身家庭、内縁者や同居人がいる家庭、子ども連れの再婚家庭、夫婦を始め人間関係に問題を抱える家庭、転居を繰り返す家庭、親族や地域社会から孤立した家庭、生計者の失業や転職の繰り返し等で経済不安のある家庭、夫婦の不和、配偶者からの暴力等不安定な状況にある家庭

・定期的な妊婦健康診査を受診しない

・定期的な乳幼児健康診査を受診しない等が考えられる。

厚生労働省のHP「 子ども虐待対応の手引き  第2章 発生予」より抜粋

上記に当てはまるのは2だけですので、答えになります。

ピエール
ピエール
子ども虐待防止の「オレンジリボン運動」も行っています

正解.2

うさぎ
うさぎ
ちょっと余談♪
虐待防止のためだけではないですが、妊娠届を提出する時、母親学級のような教室を開催する時、赤ちゃん訪問をするとき等などはこの要因はないかな?家族はみんな心身ともに元気かな?と気にかけてお話をしていました。

 

次の問題だよ~♪

第106回(2020年)午前 03問題 保健師は、住民が自分の生活を振り返り、必要な情報を集め、自己決定できることを目指した健康教育を実施した。 この健康教育の参...

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母