第106回(2020年)

第106回(2020年)午前 03

問題

保健師は、住民が自分の生活を振り返り、必要な情報を集め、自己決定できることを目指した健康教育を実施した。

この健康教育の参加者の行動変容に関係するのはどれか。

1.リスクコミュニケーション

2.コンプライアンス

3.ヘルスリテラシー

4.リーダーシップ

解説

それぞれの言葉の解説です。

1.リスクコミュニケーション
社会を取り巻くリスクに関する正確な情報を、行政、専門家、企業、市民などのステークホルダーである関係主体間で共有し、相互に意思疎通を図ることをいう。 合意形成のひとつ。

2.コンプライアンス
企業などが、法令や規則をよく守ること。法令遵守。

3.ヘルスリテラシー
健康面での適切な意思決定に必要な、基本的健康情報やサービスを調べ、納得、理解し、効果的に利用する個人的能力の程度を意味する。医療リテラシーとも称される。

4.リーダーシップ
指導者の地位・任務。「―をとる」。指導者としての素養・力量・統率力。

情報収集・自己決定することが大切なので、その能力「ヘルスリテラシー」が一番適切。

正解.3

 

次の問題だよ~♪

第106回(2020年)午前 04問題 Aさん(78歳、女性)。1人暮らし。別居する息子から「最近、母は買い物以外は外出せず、物忘れもひどくなっているようだ。どうしたら...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母