第106回(2020年)

第106回(2020年)午後 42-44

次の文を読み 42〜44 の問いに答えよ。

A 市­(人口5万人)では、大規模災害発生に備えた医療体制の確保等のため、地域の関係機関を集めた検討を行うことになった。A 市内には地域医療の中核となる B病院を含め複数の病院があるが、大規模災害の発生を想定すると、軽症者から重症者までの傷病者全てをそれらの病院で受け入れることは困難と予想される。

 

ぱっと読める目次
  1. 問題42
  2. 解説
  3. 問題43
  4. 解説
  5. 問題44

問題42

この傷病者受け入れの課題への対応で最も適切なのはどれか。

1.発災前に応急手当用品を各家庭に配布する。

2.緊急度に応じた搬送ができる体制を整備する。

3.発災後に B 病院の医師が市内全域を往診する。

4.傷病者が診察を待つ場所を病院の隣に設置する。

解説

正答 2

 

 

問題43

A 市には、食品加工工場があり、従業員の多くが A 市内に在住している。また、A 市の上水道の普及率は約 95 % であり、未整備の家庭では、生活用水として井戸水を使用している。

大規模災害時の健康危機に備え A 市の保健師が平常時に実施すべき事項として適切なのはどれか。

1.断水時に利用可能な井戸の水質検査をする。

2.食品関連事業者に衛生管理指導を実施する。

3.災害医療に必要な医薬品の供給体制を確保する。

4.定期的に医療福祉機関との連携会議を開催する。

解説

正答 4

 

 

問題44

A 市では、大規模災害を想定した災害時保健活動のマニュアルを作成することになった。

発災から 72 時間経過した時期の保健師活動としてマニュアルに記載する内容で適切なのはどれか。

1.生活習慣病予防教室の開催

2.住民へのハザードマップの配布

3.災害対応にあたる職員の健康管理

4.災害時保健活動全体のまとめと評価

解説

正答 3

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母