第99回(2013年)

第99回(2013年)午後 41-43

次の文を読み 41〜43 の問いに答えよ。

人口 20 万人のA市。保健センターの保健師は、潰瘍性大腸炎の患者を対象にした勉強会を企画した。市民病院の専門外来を中心に広報したところ、15 人の申し込みがあった。勉強会の内容は、前半の1時間は市民病院の専門医による疾患の特徴、診断や治療法などについての講義、後半の1時間は保健師によるセルフケア能力の向上のためのグループワークとした。

問題41

グループワークで最も学習効果の高い方法はどれか。

1.参加者の達成目標を統一する。

2.専門医の講義で不明だった点の説明をする。

3.具体的な話し合いの内容は参加者が決める。

4.日常生活の留意点を網羅した詳細な資料を配布する。

解説

正答.

3

 

問題42

勉強会の後、IT 企業に勤める参加者のBさん(30 歳)から、同じ病気で悩んでいる人と情報共有や交流をしたいという希望があった。保健師は、Bさんに患者会の立ち上げを勧めることにした。

この時期の保健師からの提案で最も適切なのはどれか。

1.他県の難病の患者会と交流する。

2.対象はA市在住の患者に限定する。

3.運営が安定するまでは保健師が中心となる。

4.インターネットを活用したコミュニケーションとする。

解説

セルフヘルプグループの発展段階の初期には、専門職の積極的な関わりが必要であるため3は正答と考えられます。しかし、保健師が中心となるという表現は適切ではありません。

一方、A市の保健師が立ち上げに関わるためにグループ対象者をA市在住に限定する2も正答と考えられます。

正答なし.

不適切問題

 

問題43

約2年間、患者会は順調に運営された。3年目になって、会の活動への参加者は少なくなり、会費収入が減少して赤字になった。世話人代表のBさんは、1人で会の存続を目指して運営の工夫を行ってきたが、なかなかうまくいかないと保健師に相談に来た。保健師は「大変でしたね」と苦労をねぎらった。

次に行う助言として最も適切なのはどれか。

1.「私が世話人を引き受けます」

2.「赤字の分は市の予算を活用できます」

3.「他の会員と今後について一緒に考えましょう」

4.「せっかくの会なので解散しないことが重要です」

5.「会員のCさんに世話人を代わってもらいましょう」

解説

正答.

3

 

次の問題だよ~♪

第99回(2013年)午後 44-46次の文を読み 44〜46 の問いに答えよ。 Aさん(33 歳、女性)。3歳6か月の長男と9か月の双子を育てている。長男はこれまでの...

前の問題だよ~♪

第99回(2013年)午後 39-40次の文を読み 39、40 の問いに答えよ。 Aさん(56 歳、女性)。48 歳のときに多系統萎縮症と診断された。現在、歩行困難とな...

目次に戻るよ~♪

第99回(2013年)午後ここでは「保健師国家試験」第99回(2013年)午後に行われた問題と解答、その解説をしています。 https://pierre-u...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母