公害防止管理者

R1 ダイオキシン類概論 問7

問題

ダイオキシン類問題の歴史的経緯に関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。

 

1968(昭和 43)年,西日本を中心に大規模な食中毒事件が発生した。この事件は,(1)カネミ油症と呼ばれ,カネミ倉庫が製造した(2)大豆油の摂取が原因であった。その発症原因は,当初(2)大豆油に混入した(3)PCBs であると考えられていたが,その後の研究調査により(4) PCDFs とコプラナー PCB であるとの結論が出された。その究明には約 20 年を要した。

1979(昭和 54)年に,同様の事件が(5)台湾で発生し,第二次油症事件といわれて

いる。

解説

カネミ油症の原因となったのは、大豆油ではなく、こめ油(米糠油)です。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問8問題 ダイオキシン類の物理的・化学的性質に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ PCDDs,PCDFs の蒸気圧は,分...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類概論 問6問題 ダイオキシン類に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 「ダイオキシン類」とは,PCDDs,PCDFs 及びコプラ...

目次へ戻るよ~♪

R1 ダイオキシン類概論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-dxn-gairon-1/ https://pierre-u...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母