R3公害総論

R3 公害総論 問2

問題

環境基本法に規定する事業者の責務に関する記述中,(ア)~(オ)の中に挿入すべき語句(a~h)の組合せとして,正しいものはどれか。

1 事業者は,基本理念にのっとり,その (ア) を行うに当たっては,これに伴って生ずる (イ) の処理その他の公害を防止し,又は (ウ) するために必要な措置を講ずる責務を有する。

2 事業者は,基本理念にのっとり, (エ) するため,物の製造,加工又は販売その他の (ア) を行うに当たって,その (ア) に係る製品その他の物が (オ) となった場合にその適正な処理が図られることとなるように必要な措置を講ずる責務を有する。

a:事業活動 b:ばい煙,汚水,廃棄物等 c:廃棄物 d:事業活動製品 e:環境の保全上の支障を防止 f:環境の保全上の負荷の低減 g:原材料 h:自然環境を適正に保全

(ア) – (イ) – (ウ) – (エ) – (オ)

(1)a – c – h – f – g

(2)f – c – e – h – g

(3)a – b – h – e – c

(4)f – b – e – h – c

(5)a – d – f – e – b

解説

この問題にあるいずれの選択肢も意味は通るので、選択肢を絞って考えることは困難です。

それでも、以下の選択肢はある程度推測も可能であると思います。

(イ)

「その他の公害」と続いているので、「ばい煙、汚水」と代表的な公害が入っているbが正解と推測できます。

(オ)

文章は、製品が作られる流れが示されており、最終的にどうなるかを問われています。そうなると、ゴミである「廃棄物」であることが推測できます。

以下は、実際の条文なので、この機会に覚えるようにしましょう。

環境基本法第8条(事業者の責務)

1 事業者は、基本理念にのっとり、その事業活動を行うに当たっては、これに伴って生ずるばい煙、汚水、廃棄物等の処理その他の公害を防止し、又は自然環境を適正に保全するために必要な措置を講ずる責務を有する。

2 事業者は、基本理念にのっとり、環境の保全上の支障を防止するため、物の製造、加工又は販売その他の事業活動を行うに当たって、その事業活動に係る製品その他の物が廃棄物となった場合にその適正な処理が図られることとなるように必要な措置を講ずる責務を有する。

 


解答.

3


次の問題だよ~♪

R3 公害総論 問3問題 環境基本法に規定する環境基準に関する記述中,下線部分(a~j)の用語の組合せとして,誤りを含むものはどれか。 1 (a)政...

前の問題だよ~♪

R3 公害総論 問1問題 環境基本法第二章に定める環境の保全に関する基本的施策に関する記述中,(ア)~(エ)の中に挿入すべき語句(a~f)の組合せとして,...

目次に戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/souron-top/r3-souron-/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。