公害防止管理者

H29 騒音・振動概論 問16

問題

振幅が等しく逆方向に伝搬する二つの音波の重ね合わせに関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 周波数が等しい場合,位相が 200°ずれる位置ではお互いに打ち消しあって音圧が 0 になる。

⑵ 周波数が等しい場合,位相が等しくなる位置では音圧が 2 倍になる。

⑶ 周波数が等しい場合,音圧が大きくなる位置と小さくなる位置は,音波の伝搬方向に 1/4 波長間隔に交互に生じる。

⑷ 周波数が等しい場合,音波の干渉によって,ある点において音波を打ち消すことができる。

⑸ 周波数がわずかに異なる場合,その差が 1 秒間に生じるうなりの数である。

解説

位相は180度ずれるとちょうど打ち消しあいます。

解答 1

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動概論 問17問題 平成 26 年度公害苦情調査報告書(公害等調整委員会)における振動苦情件数の発生源別の構成比の記述として,(ア)~(エ)の の中...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母