公害防止管理者

H29 騒音・振動特論 問25

問題

振動規制法による振動レベルの測定に関する一般的な記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 振動レベル計の有効検定期間は,計量法で定められている。

⑵ 鉛直方向と水平方向の振動レベルを測定する。

⑶ 必要に応じて,暗振動の影響の補正を行う。

⑷ 測定位置は,工場・事業場では,原則としてその敷地の境界線である。

⑸ 振動レベルは,その時間的変動に応じて算出する。

解説

振動規制法の規制は、鉛直方向のみです。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問26問題 特定工場内の機械が,測定器の指示値が不規則かつ大幅に変動する振動を発生している。運転中に敷地の境界線における振動レベルを測定した...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問24問題 圧電形振動ピックアップに関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 振動レベル計の振動ピックアップに多く用いられている...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母