H29騒音・振動

H29 騒音・振動特論 問25

問題

振動規制法による振動レベルの測定に関する一般的な記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 振動レベル計の有効検定期間は,計量法で定められている。

⑵ 鉛直方向と水平方向の振動レベルを測定する。

⑶ 必要に応じて,暗振動の影響の補正を行う。

⑷ 測定位置は,工場・事業場では,原則としてその敷地の境界線である。

⑸ 振動レベルは,その時間的変動に応じて算出する。

解説

振動規制法の規制は、鉛直方向のみです。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問26問題 特定工場内の機械が,測定器の指示値が不規則かつ大幅に変動する振動を発生している。運転中に敷地の境界線における振動レベルを測定した...

前の問題だよ~♪

H29 騒音・振動特論 問24問題 圧電形振動ピックアップに関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 振動レベル計の振動ピックアップに多く用いられている...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です