公害防止管理者

H30 騒音・振動概論 問9

問題

騒音源に関する説明として,誤っているものはどれか。

⑴ 特定工場等内の鍛造機から発生する騒音は,騒音規制法の対象である。

⑵ 騒音に係る環境基準(道路に面する地域)の超過状況は,夜間において高速道路の超過率が最も高い。

⑶ 建設作業において,パイルハンマを用いる作業は比較的大きな音を発生する。

⑷ 鉄道騒音の主要な発生要因の一つに,車輪とレールの摩擦及び衝撃がある。

⑸ 生活騒音は種類,騒音レベル,発生頻度,音質等が種々雑多であるため,一律的な法的規制になじまない場合が多い。

解説

昼間・夜間のいずれか又は両方で環境基準を超過していた割合が最も高かったのは一般国道となっています。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動概論 問10問題 ISO 532‒1:2017及びISO 532‒2:2017に規定されたラウドネス(音の大きさ)の計算手法に関する記述として,誤...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母