R1ダイオキシン類

R1 ダイオキシン類特論 問11

問題

アルミニウム合金製造プロセス及びその原料に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 溶解炉のバーナーは,溶湯温度を 700 ~ 750 ℃程度に保持するために連続運転される。
⑵ 原料の一つである切り粉には,油溶性及び水溶性の切削油に由来する塩素が含まれている。
⑶ 切り粉は,油切り及び水切り処理し,さらに 300 ~ 500 ℃で乾燥する。
⑷ 焙焼炉では,使用済飲料缶の塗料に含まれる揮発分を除去するため,通常500 ℃以上で処理を行う。
⑸ 溶解炉におけるドロスの分離,水素やアルカリ及びアルカリ土類金属の除去を促進するため,粉体状フラックスや塩素ガスを使用する。

 

解説

溶解炉は、バッチ式で運転されています。

 


解答.

1


次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問12問題 ダイオキシン類排出の現状に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 水への産業系排出施設では,パルプ製造漂白施設,塩...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問10問題 製鋼用電気炉の排ガスに関する記述中,(ア)~(エ)の中に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。 排ガス中には,...

目次に戻るよ~♪

R1 ダイオキシン類特論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-dxn-tokuron-1/ https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。