公害防止管理者

R2 騒音・振動特論 問28

問題

下表は,不規則かつ大幅に変動する振動について,一定の時間間隔で 100 個測定した振動レベルの値を整理したものである。これに関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 90 パーセントレンジの上端値は 65 dB である。

⑵ 80 パーセントレンジの下端値は 53 dB である。

⑶ 中央値は 56 dB である。

⑷ 測定値が 64 dB 以下である時間の和は,全測定時間のほぼ 95 パーセントである。

⑸ 測定値が 54 dB 以上 62 dB 以下である時間の和は,全測定時間のほぼ 60パーセントである。

解説

(1)90パーセントレンジの上端値は、上位5パーセントの数字なので、累積が95番目の数字にあたります。

表では、累積94と96の間が該当し、65dBとなります。

(2)80パーセントレンジの下端値は、下位10パーセントの数字なので、累積が10番目の数字にあたります。

表では、累積6と11の間が該当し、50dBとなります。

なお、問題文の53dBは累積16と25の間になるので、下位20パーセントの数字にあたります。

80パーセントレンジとは、上位10パーセントと下位10パーセントを除いて残った80パーセントとなります。

下位20パーセントは、上位20パーセントも除いた、60パーセントレンジの下端値となる数字と言えます。

(3)中央値は、累積がちょうど真ん中にあたり、今回は100個のデータなので、累積は50の数字にあたります。

表では、累積44と56の間が該当し、56dBとなります。

(4)64dBまでの累積は、94になりますので、問題文のとおり、ほぼ95パーセントとなります。

(5)54dBの累積は31、62dBの累積は91になるので、その間の累積は60あります。

測定が100個なので、60パーセントを占めています。

解答 2

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問29問題 問29 振動レベル計及び振動レベルの計測に関する記述として,不適当なものはどれ か。 ⑴ 行政的な行為で振動レベルを...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問27問題 振動規制法における振動レベルの決定に関する記述として,正しいものはどれか。 ⑴ 測定器の指示値の変動が 5 dB 以上の場...
ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母