R3騒音・振動

R3 騒音・振動概論 問22

問題

振動の影響に関する一般的な記述として,誤っているものはどれか。 

⑴ 振動暴露による睡眠への影響は,睡眠深度と関連している。 

⑵ 建物が揺れていることを視覚的に知ることにより,振動を知覚することがある。 

⑶ 振動の心理的影響を調査するために,振動測定と住民の意識調査を組み合わせた方法が用いられる。 

⑷ 道路交通振動による苦情の主な要因は,睡眠妨害である。 

⑸ 水平方向の家屋の振動増幅量は,振動数によらずほぼ同じである。 

解説

振動を増幅させる共振は、建物の固有振動数と発生源の振動数が一致することにより起こります。

したがって、振動の増幅量は、振動数によって異なります。

 


解答.

5


次の問題だよ~♪

R3 騒音・振動概論 問23問題 振動源から x(m)離れた地点における振動の変位振幅 y(mm)が時間 (s) t の 関数  y = 10sin[2π(x/...

前の問題だよ~♪

R3 騒音・振動概論 問21問題 鉛直方向の正弦振動を測定したところ,振動加速度レベルが 70 dB,振動レベルが 52 dB であった。この正弦振動の振動数は約...

目次に戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/kougai-r3-souon-shindou-gairon/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。