H28ダイオキシン類

H28 ダイオキシン類特論 問15

問題

“水処理法に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ TEQ が高い排水に対する処理システムとして,凝集沈殿分離による前処理,ろ過フィルターによる中間処理,活性炭吸着ろ過による最終処理が提案されて いる。
⑵ ダイオキシン類の除去には活性炭あるいはフィルターろ過処理が必要なため,凝集沈殿のみの水処理は有効ではない。
⑶ ろ過孔径 0.05 µm のフィルターでろ過することで,ダイオキシン類を吸着した懸濁物質の大部分が捕集できるため,そのまま一般河川に放流できる場合がある。
⑷ フィルターろ過を用いる場合は,試料性状・ろ過条件により期待された性能が発揮できないことがあるので,設備検討には十分な注意が必要である。
⑸ 紫外線や光触媒による排水処理方法は,懸濁粒子の分離なしでは十分な性能は期待できない。

 

解説

ダイオキシン類は疎水性が大きいため、凝集沈殿で水に不溶な成分を取り除くことができる操作により、ダイオキシン類も除去することが可能です。

 


解答.

2


次の問題だよ~♪

H28 ダイオキシン類特論 問16問題 さらし化学パルプ製造漂白工程に関する記述中,下線を付した箇所のうち, 誤っているものはどれか。 パルプ漂白の目的は,パルプ...

前の問題だよ〜♪

H28 ダイオキシン類特論 問14問題 光触媒による分解原理に関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。 UV 照射された⑴二酸化チタンが光励...

目次に戻るよ~♪

H28 ダイオキシン類特論https://pierre-usagi.com/kougai-h28-dxn-tokuron-1/ https://pierre...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。