H28騒音・振動

H28 騒音・振動概論 問9

問題

各種の騒音源に関する記述として,誤っているものはどれか。 

 

 拡声機騒音に対して,多くの地方公共団体が規制のための条例を制定している。

 新幹線鉄道騒音と航空機騒音には,環境基準が定められている。 

 くい打機等の特定の機械を使用する建設作業は,特定建設作業として,騒音規制法により,敷地境界線上の規制基準が定められている。 

 指定地域内で強大な騒音を発生する金属加工機械等の特定の機械を設置している工場は,騒音規制法により,敷地境界線上の規制基準を遵守することが定められている。 

 工場建屋内からの騒音は,建屋や塀により減衰するので,音源の機械等の騒音対策を考える必要はない。 

解説

音源の音が小さければ、大規模に周りの対策をしなくても良いので、音源の対策は重要です。


解答.

5


次の問題だよ~♪

H28 騒音・振動概論 問10問題 可聴音の範囲と音の大きさの等感曲線(等ラウドネス曲線)を表した下図からわかることとして,不適当なものはどれか。  ...

前の問題だよ~♪

H28 騒音・振動概論 問8問題 土地の用途区分と騒音の苦情件数に関する記述中,(ア)~(ウ)の中に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。  ...

目次に戻るよ~♪

H28 騒音・振動概論https://pierre-usagi.com/kougai-h28-souon-shindou-gairon-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です