H28騒音・振動

H28 騒音・振動特論 問2

問題

騒音の規制基準が 50 dB とされる地域で,敷地境界線上の暗騒音が 48 dB である工場において,新設予定の機械からの騒音レベルが敷地境界線上で 63 dB になると予測された。暗騒音の影響を受けても規制基準以下となるように対策するには,新設機械の騒音レベルにおいて約何 dB 以上の低減量が必要か。 

 11 

 13 

 15 

 17 

 19

解説

暗騒音が48dBある状態で50dB以下にする場合、デシベルの和から暗騒音より2~4dB小さいレベルにする必要があります。

つまり、機械からの騒音は、44~46dBとなります。

予測値は63dBなので、少なくとも17dB低減されていれば良いことになります。


解答.

4


次の問題だよ~♪

H28 騒音・振動特論 問3問題 下図に示す,ダクト内面にグラスウールなどの多孔質吸音材料を張った消音器に関する記述中,(ア)~(エ)の中に挿入すべき語句等の組合...

前の問題だよ~♪

H28 騒音・振動特論 問1問題 下図は,ある機械の製品製造速度( 1 時間当たりの製造個数)と機械から発生する騒音の騒音レベルとの関係を示している。この機械を用...

目次に戻るよ~♪

H28 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-h28-souon-shindou-tokuron-1/ http...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です