H29騒音・振動

H29 騒音・振動概論 問10

問題

周波数重み付け特性A(A特性)に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ A特性は,人の聴覚の周波数感度特性を考慮して作られている。

⑵ A特性は,等価騒音レベルの測定に用いられる。

⑶ A特性音圧レベルは,騒音レベルと呼ばれることがある。

⑷ A特性音圧レベルと音の大きさのレベルとの間には,おおむね相関関係が成立する。

⑸ A特性音圧レベルが 40 dB の純音の大きさは,周波数によらず常に 1 soneである。

解説

周波数によって聞こえる音の感覚が異なることを補正しているのがA特性です。したがって、音の感覚量を数値化したsoneも周波数により変動します。

解答 5

 

次の問題だよ~♪

H29 騒音・振動概論 問11問題 次の告示に示される基準値のうち,時間帯補正等価騒音レベルによるものはどれか。 ⑴ 騒音に係る環境基準について ⑵ 特...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です