H30騒音・振動

H30 騒音・振動概論 問17

問題

超低周波音及び低周波音に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ G特性の周波数特性は,1~20Hzの超低周波音による人体感覚を評価するためのものである。

⑵ 「圧迫感・振動感」は,20Hz付近で最も強く感じられる。

⑶ 浅い眠りの場合,G特性音圧レベル100dBあたりから睡眠影響が現れ始める。

⑷ 対策のための消音器として,サイドブランチ形消音器などが用いられる。

⑸ 大型の振動ふるいでは,平板の振動によって発生する。

解説

「圧迫感・振動感」は,40Hz付近で最も強く感じられます。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動概論 問18問題 振動公害発生源の主な産業に対する苦情件数及び主な発生要因に対する苦情件数の大小関係として,正しいものはどれか(平成27年度公害等...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です