公害防止管理者

H30 騒音・振動概論 問18

問題

振動公害発生源の主な産業に対する苦情件数及び主な発生要因に対する苦情件数の大小関係として,正しいものはどれか(平成27年度公害等調整委員会調べによる)。

⑴ 建設業 > 鉱 業 > 製造業

⑵ 建設業 > 運輸業 > 製造業

⑶ 製造業 > 建設業 > 運輸業

⑷ 工事・建設作業 > 移動発生源(自動車運行)> 産業用機械作動

⑸ 産業用機械作動 > 工事・建設作業 > 移動発生源(自動車運行)

解説

業種別の振動苦情の大小は、建設業>製造業>運輸業となります。

発生要因としては、工事・建設作業(建設業)が圧倒的に多くなります。

例年、工事・建設作業(建設業)が振動苦情の半数以上を占めている傾向は変わっていません。その他の産業や要因については、統計資料を確認しておきましょう。

解答 4

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動概論 問19問題 振動公害の現状に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 規制基準値及び要請限度値よりも小さい振動レベルでは,振動苦...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母