公害防止管理者

H30 騒音・振動特論 問3

問題

下図のように,十分に長い遮音塀の垂直断面上に,点音源と受音点 ア~オがある。塀による減音量がすべての周波数で5dBとなる受音点はどれか。ただし,塀からの透過及び地表面からの反射の影響はないものとする。

⑴ ア

⑵ イ

⑶ ウ

⑷ エ

⑸ オ

解説

遮音壁による減音量と周波数には、以下のような関係式があります。

R=10logN+13 (1≦N)

R=5+8√(N) (0<N<1)

R=5-8√(N) (-0.36≦N<0)

 

Nはフレネル数と呼ばれ、経路差を半波長で割った数値としています。

減音量が全ての周波数で5dBとなるためには、2番目か3番目の式でN=0となる時です。

つまり、経路差が0になるときなので、音源と受音点を直線で結んだ(イ)が正解となります。

解答 2

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問4問題 複数の吸音材で囲まれる空間の平均吸音率を求める式はどれか。ただし,i 番目の吸音材が空間に面する表面積をSi,吸音率を αi と...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問2問題 下図に示すアクティブ形消音器に関する記述中,(ア)~(オ)に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。 ダ...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母