H30騒音・振動

H30 騒音・振動特論 問4

問題

複数の吸音材で囲まれる空間の平均吸音率を求める式はどれか。ただし,i 番目の吸音材が空間に面する表面積をSi,吸音率を αi とする。

解説

複数の吸音材による平均吸音率を求める式は、過去問でほとんど見かけない式です。

知らなければ解けない部類の問題ではありますが、総合音響透過損失と同様に荷重平均の形と考えれば、選択肢5の式に絞られます。

解答 5

 

次の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問5問題 ダクト断面が一辺500mmの正方形の開口から,音圧レベル100dBの音が放射されているとき,このダクトの途中に厚みが50mm,吸...

前の問題だよ~♪

H30 騒音・振動特論 問3問題 下図のように,十分に長い遮音塀の垂直断面上に,点音源と受音点 ア~オがある。塀による減音量がすべての周波数で5dBとなる受音点は...

 

 

 

 

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です