R1ダイオキシン類

R1 ダイオキシン類特論 問19

問題

抽出液量 100 mL のうち 50 mL を分取し,最終検液量 20 µL,GC/MS 注入量1 µL,TeCDDs の測定方法の検出下限が 0.04 pg の場合,試料ガスにおける検出下限 0.0008 ng/m3( 0 ℃,101.325 kPa)を得るために必要な標準状態( 0 ℃,101.325 kPa)における試料ガス採取量(m3)はいくらか。

⑴ 1.0
⑵ 1.5
⑶ 2.0
⑷ 2.5
⑸ 4.0

 

解説

試料ガス採取量m3は、次の式から求まります。
V=QDL・1/1000・y/x・VE/V’E・1/CDL
V:試料ガス採取量(m3)
QDL:検出下限(pg)
y:最終検液量(µL)
x:GC‒MS 注入量(µL)
VE:抽出液量(mL)
V’E:分取液量(mL)
CDL:検出下限(ng/m3)

V=0.04・1/1000・20/1・100/50・1/0.0008=2.0

 


解答.

3


次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問20問題 ダイオキシン類の測定分析における前処理操作に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 排ガス試料のフィルタ部に捕集さ...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問18問題 JIS K 0311 による試料採取装置に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ Ⅰ形,Ⅱ形,Ⅲ形及びⅣ形の 4 ...

目次に戻るよ~♪

R1 ダイオキシン類特論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-dxn-tokuron-1/ https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です