R1ダイオキシン類

R1 ダイオキシン類特論 問24

問題

ダイオキシン類測定の精度管理に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ シリンジスパイク内標準物質は,GC/MS への測定用試料液の注入を確認するために使用される。
⑵ クリーンアップスパイク内標準物質の回収率は,70 ~ 130 %の範囲内でなければならない。
⑶ 装置の検出下限は,コプラナー PCB では 0.2 pg 以下でなければならない。
⑷ 得られた試料ガスにおける検出下限は,評価しなければならない濃度の1/30 以下でなければならない。
⑸ 操作ブランク試験は,測定用試料の調製又は GC/MS への導入操作などに起因する汚染を確認する操作である。

 

解説

クリーンアップスパイク内標準物質の回収率は,50 ~ 120 %の範囲内でなければなりません。
一方、サンプリングスの回収率は,70 ~ 130 %の範囲でなければなりません。

 


解答.

2


次の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問25問題 クリーンアップスパイク回収率に関する記述中,(ア)及び(イ)の中に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。 クリ...

前の問題だよ~♪

R1 ダイオキシン類特論 問23問題 酸素濃度 12 %に換算した排ガス試料の 2,3,7, 8‒TeCDD 濃度(ng/m3( 0 ℃,101.325 kPa))は...

目次に戻るよ~♪

R1 ダイオキシン類特論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-dxn-tokuron-1/ https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。