R1騒音・振動

R1 騒音・振動特論 問18

問題

弾性支持に関する記述中、下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。

鍛造機のように大きな衝撃的な振動を発生する機械の架台を弾性支持するとき、架台の質量を(1)大きくすると、一般にアンビルの沈下速度は(2)遅くなり、架台の変位振幅は(3)小さくなる。また、架台の質量が(4)大きくても弾性支持系のばね定数を(5)大きくすれば、地盤に伝達される力は小さくなる。

解説

アンビルとは、金属を叩くときに載せる鋼鉄の台のことです。

ばね定数は、平たく言うとばねの硬さです。ばねを硬くする、極端に言えばしならない棒にしたとすると、地盤にそのまま力が伝わることが想像できます。選択肢5について、反対に小さくすれば、しなって地盤に力が伝達されにくくなると言えます。

正解.5

次の問題だよ~♪

R1 騒音・振動特論 問19問題 質量1000kgの機械に毎秒16回の上下方向の正弦加振力5×10^3 Nが作用しているとき、これをばね定数4×10^5 N/mの...

前の問題だよ~♪

R1 騒音・振動特論 問17問題 均一な地面上に衝撃振動を加えたときの波の振幅減衰として、正しいものはどれか。ただし,rは振動源からの距離である。 ⑴ 地表...

目次に戻るよ~♪

R1 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-r1-souon-shindou-tokuron-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。