公害防止管理者

R1 騒音・振動特論 問19

問題

質量1000kgの機械に毎秒16回の上下方向の正弦加振力5×10^3 Nが作用しているとき、これをばね定数4×10^5 N/mのばねで弾性支持すると、ばねを介して基礎に作用する伝達力は約何kNか。

⑴ 0.1

⑵ 0.2

⑶ 0.3

⑷ 0.4

⑸ 0.5

解説

この系の固有振動数f0は、以下の式で求められます。

f0=1/2π√(k/m)

k:ばね定数

m:質量

f0=1/2π√(4×10^5/1000)=1/2π×2×10=10/π

 

振動伝達率τは、以下の式で求められます。

τ=1/((f/f0)^2-1)

問題文からf=16、先ほど求めた固有振動数f0を代入し、

τ=1/((16π/10)^2-1)=1/24

元々の正弦加振力が5×10^3 Nが1/24されるので、0.2×10^3N→0.2kNとなります。

正解.2

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母