R1騒音・振動

R1 騒音・振動特論 問5

問題

塀の遮音効果に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

⑴ 塀の長さが高さの5倍以上あれば、塀は無限に長いものとみなして減音量を計算できる。

⑵ 音源及び受音点が地上よりも高い位置にある場合、地面による反射の影響によって0~3dB程度、塀の効果は悪くなる。

⑶ 塀で得られる減音量は、実用上25dB程度までが限界と考えられる。

⑷ 塀の材料の透過損失は、塀の回折効果による減音量よりも10dB以上大きくとる必要がある。

⑸ 建物の遮音効果は塀と同じと考えられるので、建物の高さと同じ高さの塀に置き換えて減音量を計算することができる。

解説

5については、上図のとおり建物の方が同じ高さの塀より高いと考えられます。

正解.5

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です