公害防止管理者

R1 騒音・振動特論 問4

問題

下図のように、点音源A及びBと受音点Cとの間に、十分長い遮音塀を設置した。音速340m/s、周波数500Hzにおける点音源Aから受音点Cへの減音量と、点音源Bから受音点Cへの減音量との差は約何dBか。ただし、遮音塀からの透過、地表面での反射などの影響はないものとする。

⑴ 2

⑵ 4

⑶ 6

⑷ 8

⑸ 10

解説

遮音壁による音の減衰量Lは以下の式で推定できます。

L=10logN +13

Nはフレネル数と呼ばれ、遮音壁の有無による音の経路差を波長の半分で割ったものになります。

それぞれのNは以下のとおりになります。

まず、問題文から波長は340m/s÷500Hz=0.68mとなり、半分は0.34となります。

・音源A

経路差はAO+CO-AC=2.0+2.0-2.0=2.0mなので、Nは2/0.34=5.88

・音源B

経路差はBO+CO-BC=1.4+2.0-2.1=1.3mなので、Nは1.3/0.34=3.82

 

それぞれのフレネル数を減衰量の式に代入します。

・音源A 10log5.88 +13=10×0.769+13=20.69

・音源B 10log3.82 +13=10×0.582+13=18.82

以上から減衰量の差は約2dBと求まります。

なお、問題用紙に対数表付いているので、log5.88やlog3.82は簡単に求まります。

正解.1

ABOUT ME
ピエうさ
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母