R2騒音・振動

R2 騒音・振動特論 問21

問題

弾性支持に使用される材料に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 防振ゴムのばね特性は,内部摩擦によるヒステリシスループを描く。

⑵ 金属ばねは,一般に主負荷方向以外の 2 軸又は 3 軸方向のばね定数を任意にとることは困難である。

⑶ 重ね板ばねを使った弾性支持系で注意を要するのは,サージングの問題である。

⑷ 皿ばねは,小さい空間で大きな負担荷重に耐え,また自由高さと板厚の比を適当に選ぶことにより,広範囲の非線形振動特性を得ることができる。

⑸ 空気ばねを機械の弾性支持に使用する場合は動振幅が小さく減衰効果が小さいので,ダンパとの併用を必要とすることが多い。

解説

サージングとは、ばね自体の固有振動数に近い振動数を与えられることで共振し、ばね自体が激しく振動する現象です。

ばねの破損につながるので注意が必要です。

とくにコイルばねに発生します。

解答 3

次の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問22問題 ダンパに関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ ハンマ,プレスなどの衝撃加振に対しては,振動を減衰させる。 ...

前の問題だよ~♪

R2 騒音・振動特論 問20問題 1 自由度系の力の振動伝達率の値に関する記述として,誤っているものはどれか。ただし,f は加振振動数,f0 は系の固有振動数,ζ...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です