R3騒音・振動

R3 騒音・振動概論 問9

問題

主要な騒音発生源に関する記述として,誤っているものはどれか。 

⑴ 労働安全衛生法では,屋内作業場において,聴力保護の観点から 1 8 時間当たりに許容される等価騒音レベル(許容騒音レベル)は 95 dB 未満と定められている。 

⑵ 生活騒音は種類,騒音レベル,発生頻度等が種々雑多であり,一律的な法的規制になじまない場合も多い。 

⑶ 特定建設作業に伴って発生する騒音の規制に関する基準は,特定建設作業の場所の敷地の境界線において騒音レベル 85 dB を超える大きさのものでないことと定められている。 

⑷ 航空機騒音に係る環境基準の基準値は,時間帯補正等価騒音レベル(Lden)で 評価した値である。 

⑸ 在来鉄道には,「在来鉄道の新設又は大規模改良に際しての騒音対策の指針」 が示されているが,環境基準は定められていない。

解説

労働安全衛生法では、18時間あたりに許容される等価騒音レベルは、85デシベル未満と定められています。

 


解答.

1


次の問題だよ~♪

R3 騒音・振動概論 問10問題 音の大きさ 4 sone の 1 kHz 純音は,騒音レベル 40 dB の 250 Hz 純音に比べて, 音圧レベルは約何 d...

前の問題だよ~♪

R3 騒音・振動概論 問8問題 建設作業騒音に関する説明として,誤っているものはどれか。  ⑴ 建設作業騒音とは,くい打機,さく岩機などを使用する建設,解体作...

目次に戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/kougai-r3-souon-shindou-gairon/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です