R3ダイオキシン類

R3 ダイオキシン類特論 問13

問題

凝集沈殿による排水処理に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ 水中の 0.001 1 µm の大きさの粒子が凝集処理の対象となる。

⑵ 無機凝集剤には,粒子表面の荷電中和により不安定化する作用がある。

⑶ アルミン酸ナトリウムは,硫酸アルミニウムとの併用により凝集効果が高まるといわれている。

⑷ 陽電荷のコロイドに対しては,陽イオン性ポリマーの単独使用で,荷電中和とフロック化を同時に行わせて凝集処理を行うことがある。

⑸ 非イオン性ポリマーは,低 pH 域の凝集処理に有効である。

解説

陽電荷のコロイドに対しては、陰イオン性ポリマーの単独使用で、電荷中和とフロック化を同時に行うことができます。

 


解答.

4


次の問題だよ~♪

R3 ダイオキシン類特論 問14問題 膜ろ過による排水処理に関する記述中,(ア)~(ウ)の中に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。 膜ろ過は,使用する...

前の問題だよ~♪

R3 ダイオキシン類特論 問12問題 ダイオキシン類含有排水処理技術に関する記述中,(ア)~(ウ)の中に挿入すべき語句の組合せとして,正しいものはどれか。 懸濁態の...

目次に戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/dxn-top/kougai-r3-dxn-tokuron/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です