R3騒音・振動

R3 騒音・振動概論 問10

問題

音の大きさ 4 sone 1 kHz 純音は,騒音レベル 40 dB 250 Hz 純音に比べて, 音圧レベルは約何 dB 高いか。

⑴  5

⑵  8

⑶ 11

⑷ 14

⑸ 17

解説

設問にある音の大きさ(ラウドネス)は、感覚的にどれくらい大きいかの指標であり、単位はソーン(sone)です。

音の大きさレベル(phon)と音の大きさ(sone)は以下の関係式があります。

Ls=33.2logS+40

Ls:音の大きさレベル(phon

S:音の大きさ(sone

この問題での音の大きさレベルを求めます。

Ls=33.2log4+40=33.2×2×0.3+40=60phon

音の大きさレベルphonは、周波数が1kHzの時の音圧レベルと等しくなります。

つまり、1kHzの純音では、そのまま音の大きさレベルが音圧レベルとなります。

250Hz純音の騒音レベルは、A特性補正を行うと−9デシベルとなります。

250Hzで騒音レベルが40デシベルであれば、音圧レベルは49デシベルとなります。

以上から、4soneの純音は60デシベル、250Hzの純音は49デシベルなので、その差は11となります。

phonsoneの関係式が分からないと解けない問題は、出題されても年に1問程度です。

余裕があれば、関係式を覚えておく程度で良いと思います。

 


解答.

3


次の問題だよ~♪

R3 騒音・振動概論 問11問題 マスキング効果に関する記述中,(ア)~(エ)に挿入すべき語句の組合せとして,最も適切なものはどれか。  マスキングとは,妨害音...

前の問題だよ~♪

R3 騒音・振動概論 問9問題 主要な騒音発生源に関する記述として,誤っているものはどれか。  ⑴ 労働安全衛生法では,屋内作業場において,聴力保護の観点から...

目次に戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/kougai-r3-souon-shindou-gairon/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。