R3騒音・振動

R3 騒音・振動特論 問1

問題

板の振動により音波が発生する場合の音源対策に関する記述として,最も不適当なものはどれか。 

⑴ 板に対する加振力を小さくする。 

⑵ 振動する板の表面積を大きくする。 

⑶ 振動する板の厚さを増す。 

⑷ 制振処理により板の振動エネルギを吸収する。 

⑸ 補助材を付加して板の剛性を高める。 

解説

板が振動して周りの空気を震わせることにより、音が伝わっていきます。

空気に触れる面積が大きいと、より多くの音を伝えることになりますので、表面積は小さい方が音も小さくなります。

 


解答.

2


次の問題だよ~♪

R3 騒音・振動特論 問2問題 断面形状が 1 辺の長さ 0.5 m の正方形の吸音ダクト形消音器がある。600 Hz における吸音率が 0.65 の吸音材を内...

目次に戻るよ~♪

R3 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-r3-souon-shindou-tokuron-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。