R5騒音・振動

R5 騒音・振動概論 問17

問題

超低周波音・低周波音に関する記述として,誤っているものはどれか。

(1) 超低周波音は,1/3 オクターブバンド中心周波数で 1 ~ 20 Hz の音波である

(環境省による)
(2) D
特性は,超低周波音による人体感覚を評価するための評価加重特性である。

(3) 超低周波音の感覚閾値は,大部分の実験結果において,可聴音の閾値の延長線上にある。

(4) 低周波音の特有の心理的反応として,「圧迫感,振動感」がある。

(5) 種々の建具のがたつき閾値を測定した結果によると,周波数が低いほど小さな音圧レベルでがたつく傾向にある。

解説

120Hzの超低周波音による人体感覚を評価するのは、G特性の周波数特性で行います。

 


解答.

2


次の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問18問題 振動公害の特徴,及び振動に係る苦情件数(環境省:令和 2 年度振動規制法施行状況調査)に関する記述として,誤っているものはどれか...

前の問題だよ~♪

R5 騒音・振動概論 問16問題 下図のように,音速 c1 の媒質 1 から音速 c2 の媒質 2 へ,入射角 θ1 で斜めに入射した音波は,屈折角 θ2 で媒質...

目次に戻るよ~♪

R5 騒音・振動概論https://pierre-usagi.com/kougai-r5-souon-shindou-gairon-1/ https:...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です