R5騒音・振動

R5 騒音・振動特論 問1

ぱっと読める目次
  1. 問題
  2. 難易度
  3. 解説

問題

室内に設置された送風機の騒音対策として,不適当なものはどれか。

(1) 吐出ダクトの吹出口から気流により騒音が出ていたため,吹出口の断面積をできるだけ小さくした。

(2) 送風機のケーシングが振動して騒音を発生させていたため,ケーシングにラギング処理を施した。

(3) 送風機の回転に伴う異音が発生していたため,翼の清掃を行った。

(4) 送風機室の入口から騒音が漏れ出ていたため,二重扉の遮音構造にした。

(5) 隣室に固体音が伝搬していたため,防振ゴムを用いて送風機の基礎に振動絶縁処理を施した。

難易度

知識として知っておくべき事項、または一般常識だけで解ける内容であるため、必ず正解しておきたい問題

解説

細い隙間からピューピュー風が入ってくることから分かるとおり、吹き出し口が小さくなると騒音が出やすくなります。

したがって、対策としては断面積を大きく取ることになります。

 


解答.

1


次の問題だよ~♪

R5 騒音・振動特論 問2問題 膨張形消音器の空洞の長さが 0.9 m の場合,下図の伝達損失特性における矢印(↓)の周波数は,約何 Hz か。ただし,音速は ...

目次に戻るよ~♪

R5 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-r5-souon-shindou-tokuron-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

POSTED COMMENT

  1. tak より:

    >>細い隙間からピューピュー風が入ってくることから分かるとおり、吹き出し口が小さくなると騒音が出やすくなります。

    吹き出し口が小さいと音が大きいと言うのがわかりません。
    この場合、「断面積が小さいと音が大きくなる」遠吠え他方が宜しいでしょうか?

    • ピエうさ より:

      ご指摘のとおり、「断面積が小さいと音が大きくなる」の方が正確な言い方だと思います。

      概論でよく問われる、音圧p、特性インピーダンスρc、粒子速度vの関係式があります。
      p=ρc·v
      この式で、特性インピーダンスρcは定数(気温で空気の密度ρ、音速cは決まる)なので、粒子速度vが大きいほど音圧pが大きくなることが分かります。

      ここで、吹出口の断面積を小さくした場合を考えると、空気の流れは速くなるため、粒子速度vが大きるなります。
      したがって、音圧pも大きくなるので、「断面積が小さいと音が大きくなる」と言えます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です