R5騒音・振動

R5 騒音・振動特論 問29

問題

地盤振動に関する記述として,誤っているものはどれか。

⑴ かたい地層の上にたい積したやわらかい表層がある場合,波動の重複反射により表層が固有振動をもつことがある。

⑵ 機械から発生する振動の周波数が,表層の固有振動数と一致すると,周囲地盤の振幅が大きく振れる共振現象を起こすことがある。

⑶ 複数の振動源を配置する場合,隣接する基礎との間で波動の重複反射が起こり,ある周波数において振幅が大きくなることがある。

⑷ 地盤の振動特性は,地盤を構成する各地層の密度,ポアソン比,伝搬速度等の地盤固有の定数により決まる。

⑸ 地盤を伝搬する振動の距離減衰の測定には,地盤の内部減衰係数の計測が必要である。

解説

振動の減衰は、以下の関係式があります。

L=L0-20nlogr/r0-8.7λ(r-r0)

L0:基準点での振動加速度レベル

r0:発生源から基準点までの距離

r:発生源から測定点までの距離

λ:地盤の内部減衰係数

n:幾何減衰係数(表面波:0.5、表面波と実体波が混在:0.75、実体波:1.0、表面を伝搬する実体波:2.0

20nlogr/r0の部分は、距離減衰を示します。

8.7λ(r-r0)の部分は、内部減衰を示します。

内部減衰係数は距離減衰の部分に入っていないので、距離減衰の測定には不要と考えられます。

 


解答.

5


次の問題だよ~♪

R5 騒音・振動特論 問30問題 振動測定に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ 測定中は記録ノートと観測器としてのレベルレコーダの記録紙上に,校正信...

前の問題だよ~♪

R5 騒音・振動特論 問28問題 工場敷地境界線における鉛直振動をオクターブバンド分析したところ,下表の結果を得た。振動レベルを 5 dB 以上低減するための防振...

目次に戻るよ~♪

R5 騒音・振動特論https://pierre-usagi.com/kougai-r5-souon-shindou-tokuron-1/ https...
ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です