R3公害総論

R3 公害総論 問11

問題

海洋環境の現状に関する記述として,誤っているものはどれか。

(1) 海上保安庁の「平成 31 年/令和元年の海洋汚染の現状について」によると,汚染原因件数の割合が最も高かったのは,油であった。

(2) 環境省の「平成 30 年度海洋環境モニタリング調査結果」によると,底質,生体濃度及び生物群集の調査において一部で高い値が検出されたが,全体としては海洋環境が悪化している状況は認められなかった。

(3) 近年,マイクロプラスチックによる海洋生態系への影響が懸念されている。

(4) マイクロプラスチックとは, 5 μm 以下の微細なプラスチックごみのことである。

(5) マイクロプラスチックに吸着しているポリ塩化ビフェニル(PCB)等の有害化学物質の量等を定量的に把握するための調査が実施されている。

解説

(1)

海洋汚染の原因として、油が最も多く、次に廃棄物となっています。

ほぼこの順で推移しており、よく問われる内容ですので、よく覚えておきましょう。

(4)

マイクロプラスチックは、一般に5mm以下の微細なプラスチック類のことを言います。

名前はマイクロですが、もう少し大きいものも含まれます。

 


解答.

4


次の問題だよ~♪

R3 公害総論 問12問題 騒音・振動の状況に関する記述中,ア~ウの中に挿入すべき語句・数値の組合せとして,正しいものはどれか(令和 2 年版環境白書・循環...

前の問題だよ~♪

R3 公害総論 問10問題 公共用水域の水質汚濁の現状に関する記述として,誤っているものはどれか(環境省平成 30 年度公共用水域水質測定結果による)。 ...

目次に戻るよ~♪

https://pierre-usagi.com/souron-top/r3-souron-/

ABOUT ME
ピエうさ
3児の子育てをしながら国家試験に挑む理系会社員。 これまでの受験したノウハウをこのブログで公開中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。