H29ダイオキシン類

H29 ダイオキシン類概論 問14

問題

ダイオキシン類の毒性に関する記述中,下線を付した箇所のうち,誤っているものはどれか。

 

PCDDs,PCDFs,PCBs は(1)塩素の数と(2)置換位置により,それぞれ多くの(3)異性体がある。それらの毒性の強さは大きく異なり,動物種によっても大きな差がある。

2,3,7,8‒TeCDD のモルモットに対する半数致死量は約 (4)1 µg/kg体重である。しかし,ハムスターに対する半数致死量は約 (5)5 µg/kg体重である。

解説

ハムスターの半数致死量は、約5mg/kg(=5,000µg/kg)となるので、モルモットに比べて遥かにダイオキシン類への耐性があることがわかります。

解答 5

次の問題だよ~♪

H29 ダイオキシン類概論 問15問題 2014(平成 26)年度厚生労働省の食品からのダイオキシン類一日摂取量調査によると, 1 日当たりの食事からの平均摂取量(pg...

前の問題だよ~♪

H29 ダイオキシン類概論 問13問題 ダイオキシン類の環境中での挙動に関する記述として,誤っているものはどれか。 ⑴ ダイオキシン類のうち,コプラナー PCB ...

目次へ戻るよ~♪

H29 ダイオキシン類概論https://pierre-usagi.com/kougai-h29-dxn-gairon-1/ https://pierre-...
ABOUT ME
ピエうさ
指定都市の保健センター保健師 →保健センター保健師(パート) →産業保健師のような事務職 公務員試験対策で保健師国家試験過去問をやたら解きながら保健師について考える3児の母

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です